気候オーガナイザープログラム
REPORTS
トレーニング 2024.05.14

2024年3月パワーアップ会:社会の仕組みを私たちの一歩から変えていくためにパワーをつくりあげる関係構築の方法とは

トレーニング

3月1日(金)に、「関係構築」をテーマとしたパワーアップ会を開催しました。私たちKIKOOPで開催しているパワーアップ会は、コミュニティ・オーガナイジングを学ぶ気候活動家たちが集まって、フレームワークを復習したり、実践を振り返ったりする場です。1か月~数か月に一度の頻度で開催しています。

 

3月のパワーアップ会では、今までKIKOOPのプログラムへ参加したことのある11名が、スタッフ5名、そしてサブコーチ(詳しくは後述)と共に、なぜ関係構築をすることが大切なのか、どうしたら効果的に関係構築をすることができるのかを講義と2回の演習時間を通して学びました。

 

コミュニティ・オーガナイジング(以下、CO)は、私たち1人ひとりが、問題意識を行動に移し、自身のスキルや経験を資源として、課題解決のパワーとして育てながら、社会の仕組みを戦略的に変えていく方法です。

 

そんなCOには、5つのリーダーシップのフレームワークがあり、関係構築はその中の2つ目にあたります。活動全般を通して使う大事なスキルですが、特に基礎作りの段階で重要になってきます。誰かから「一緒にやろう!」というコミットメントを得ることができて初めて、私たちの組織力を高めることができるようになるからです。

 

講義では、COにおける関係構築に必須の3つのキーワード、「価値観」「関心」「資源」について、そして関係構築の5つのステップについて学んでいきました。特に関係構築では、「個人の価値観」から「お互いに共有できる価値観」を見いだしていくことが大切な点であることを確認し、実際に2人1組での演習も2回行いました。

 

演習の振り返りでは、参加者から「価値観にまで踏み込んでお話しできたことで、より相手のことを知れて楽しかった」といった感想、「相手のことを知りたい!聞きたい!という気持ちを忘れないことが大事」といった気づきの共有がありました。

 

また今回のパワーアップ会には、KIKOOP主催のワークショップへの参加経験があり、既に気候コミュニティ・オーガナイザーとして活躍している2名がサブコーチとして参加してくれました。「(普段は自分が5つのリーダーシップスキルを実践する側だけど今日は)コーチとして他の方が関係構築を練習しているところを見られた」といった感想、「価値観を深める質問のレパートリーを増やしたい」といった改善点も挙がりました。

最後に私自身の感想となりますが、普段別々の活動をしている参加者のみなさんが、パワーアップ会を通じて顔見知りになり、関係構築の演習を経て、今後も連絡を取りあえるようなコミュニケーションが生まれていたこと、何より嬉しく思いました。

 

KIKOOPでは今後も気候活動家の皆さんの学びを深めていただけるよう、パワーアップ会を企画していきます。次回以降のパワーアップ会のレポートもご期待ください。

 

(コーチ:清水真由)